ブログ運営

【WordPress】【SSL化】サイトURLがhttpsになっているのに「保護されていない通信」と警告がでる時の対処法

サイトURLは”https“になっているし、SSL化されていると思うんだけど、なんで「保護されていない通信」って表示されちゃうんだろう?

こんな風に、一見SSL化できているように見えるのに「保護されていない通信」と表示されてしまう場合の対処法について、いくつか紹介していきます。

【サイトヘルス】を改善する

トップページのURLが”https“になっていても、「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」がデフォルトの”http“のままである可能性があります。

サイトを開設したばかりで、「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」に聞き覚えが無いという人は、ぜひチェックしてみて下さい。

「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」をhttps化する

「WordPressアドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」がhttps化されていない場合、【サイトヘルス(又は、【サイトの健康】)】の「推奨される改善」に通知されます。

まずは【サイトヘルス】画面へと行きましょう。

【ダッシュボード】の↑赤枠のサイトヘルス画面というリンクをクリックします。

「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」がhttps化されていない場合、「サイトの一部のみがHTTPSを使用しています」という項目が表示されます。

その項目を開いて、WordPressアドレスというリンクをクリックします。

【一般設定】というページに着いたら、上から3・4番目に「WordPressアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」という項目があると思います。

【サイトヘルス(又は、【サイトの健康】)】で指摘されていた場合、この部分が”http“のままになっているので、手入力で”https“に直しましょう。

“s”を一文字書き入れるだけなので、簡単ですね。↑みたいになりましたでしょうか?

「WordPressアドレス(URL)」「サイトアドレス(URL)」を修正したら、そのままページ一番下へスクロールして、【変更を保存】をクリックします。

ページ上部に「変更を保存しました。」と表示されればOK。

【サイトヘルス(又は、サイトの健康)】に戻ってみると、HTTPSに関する通知が消えて、【テスト通過】の中に移っています。問題が解決したという事です。

ここまで確認すれば、サイト自体のSSL化はOKです。

【結果】これだけでは警告は消えず……。

ここまでで、サイトのSSL化は完了しました。しかし……

これだけでは「保護されていない通信」は消えませんでした。私のサイトは、これ以外にも問題があったという事です。

私と違って、あなたのサイトの警告がここで消えたなら、この記事はここで離脱してもOKです。

でも、私と同様、警告が消えないのであれば、次に紹介する「検証ツール」を参考にしてみて下さい。多分これで解決します。

検証ツールを使う

サイト自体がSSL化されていても、サイト上で使用されている画像やプラグイン等が”http“だと、完全にSSL化されているとは言えなくなり、「保護されていない通信」が表示されてしまいます。

だからここからは、自分のサイトで問題のある個所を特定して、修正するという作業をしていかなければなりません。

サイト管理人

でも、サイトに画像なんか沢山使っているし。プラグインも複数あるし……。

一つ一つ確認するのは大変だよ。

こう思うかもしれません。でも大丈夫!検証ツールを活用すれば問題のある箇所が秒速で見つかります。

検証ツール:どこを見るか?

この時点で、「検証ツール」って何?と思う方がいるかもしれませんので、まずは検証ツールの開き方からお話していきます。

検証ツールが分かるという方は読み飛ばしてくださいね。

① 検証したいWEBサイトを開く。

② サイト画面上適当なところで【右クリック】+【検証】をクリック。(【F12】キーを押すだけでも表示できます)

③サイト右側に、コードが沢山書かれた枠が現れる。

➡この枠が【検証ツール】!

※以下画像の右側にある枠が【検証ツール】です。

検証ツールが開けたところで、本題に入っていきます。

検証ツールを開くと、まず目に飛び込んでくるのが↑画像のような黄色い警告。ここに注目します。

この黄色い警告を以下のように見ていって下さい。

検証ツール:黄色い警告の見方
  1. “http”の4文字を探す。
  2. “http”がみつかったら、その箇所を読み進めていって、ファイル名(”….png”など拡張子が付いているもの)がいないか探す。

そうして見つけたファイルが、問題の元凶です。

私の場合ですと、WordPressブログトップに使用されている画像2つが、httpを経由してアップロードされているという事が分かりました。

【結果】警告が消えた!

というわけで、検証ツールで見つけた問題のありそうなファイル(トップ画)を一度削除してみることにしました。

すると……

「保護されていない通信」は消えてくれました。やった!

もう一度トップ画像をアップしましたが、今度は「保護されていない通信」は表示されませんでした。

それでもSSL化がうまくいかない場合

関連記事